特定技能

新たな外国人材の受入れ

特定技能とは、深刻な人手不足の状況に対応
するため、一定の専門性・技能を有し、即戦
力となる特定技能1号外国人材を受け入れる
制度です。

特定技能

新たな外国人材の受入れ

特定技能とは、深刻な人手不足の状況に対応
するため、一定の専門性・技能を有し、即戦
力となる特定技能1号外国人材を受け入れる
制度です。

特定技能

新たな外国人材の受入れ

特定技能とは、深刻な人手不足の状況に対応するため、一定の専門性・技能を有し、即戦力となる特定技能1号外国人材を受け入れる制度です。

2019.4.1『特定技能START』

2019.4.1
『特定技能START』

2019年4月から新たな在留資格「特定技能」が実施されました。

特定技能とは、中小企業をはじめ深刻化する人手不足に対応するため創設されました。

また、生産性向上や国内で人材の確保に取り組んでも尚、人材確保が困難な状況にある産業上の分野において適応されます。

一定の専門性・技能を有した即戦力となる外国人材の受入れを目指し、向こう5年間で35万人以上受入れが見込まれている制度となります。

2019.4.1
OPEN

在留資格について

特定技能1号

受入れ分野で相当程度必要な知識、又は経験や技術を有し業務に従事する外国人向けの在留資格となります。

技能実習2号を修了した技能実習生、元技能実習生は、条件を満たせば技能試験・日本語テストを免除され、特定技能1号へと移行できます。

※外食・宿泊・介護・ビルクリーニング業については、まだ技能実習2号がいないため、技能試験・日本語テストの受験は必須となります。

特定技能1号

受入れ分野で相当程度必要な知識、又は経験や技術を有し業務に従事する外国人向けの在留資格となります。

技能実習2号を修了した技能実習生、元技能実習生は、条件を満たせば技能試験・日本語テストを免除され、特定技能1号へと移行できます。

※外食・宿泊・介護・ビルクリーニング業については、まだ技能実習2号がいないため、技能試験・日本語テストの受験は必須となります。

特定技能2号

受入れ分野に属する熟練した技能・技術を要していること、又その業務に従事する外国人向けの在留資格となります。

※14業種の内、建設と船舶・船用のみ特定技能2号への移行が可能となります。

特定技能2号

受入れ分野に属する熟練した技能・技術を要していること、又その業務に従事する外国人向けの在留資格となります。


※14業種の内、建設と船舶・船用のみ特定技能2号への移行が可能となります。

error: Content is protected !!